ニュース

音声アシスタント専用キーやシンプルなホーム画面、初心者向けスマホ「arrows U」

 ソフトバンクから発売される「arrows U」は、スマートフォン初心者に向けた富士通製のAndroidスマートフォン。予約開始は6月中旬以降。発売時期は6月下旬以降。

コンセプト、ターゲット

 「arrows U」は、ソフトバンクからは「ARROWS A 301F」以来5年半ぶりになる富士通コネクテッドテクノロジーズ製のスマートフォン。名称の「U」には「あなた」「ユニバーサル」「ユースフル」といった意味が込められた。ターゲット層は、スマートフォンの初心者のほか、手頃な価格や基本スペックにこだわるユーザー、日本メーカー製にこだわるユーザーなど。

特徴

 端末の右側面に「Google アシスタント」専用キーを搭載。専用キーを押すだけでGoogle アシスタントを起動できる。また、このキーを長押しした際の動作は、「ライト」「カメラ」「ズーム」「おサイフケータイ」に変更することもできる。

 「シンプルホーム」が搭載されており、よく使われる、厳選されたアプリが大きなアイコン・文字で表示される。またシンプルモードに限らず、これまでのAndroidで一般的な「戻る」「ホーム」といった画面内下部のナビゲーションボタンも表示できる。使い方をオンラインで簡単に調べられるユーザー専用の「使いこなしガイド」も用意される。

ディスプレイ、カメラ、そのほか

 ディスプレイには、約5.8インチ、FHD+でアスペクト比19:9の液晶ディスプレイを採用。ディスプレイ上部のノッチ(切り欠き)にインカメラを搭載している。メインカメラは1310万画素と500万画素のデュアルカメラで、背景をボカした写真の撮影も可能。おサイフケータイにも対応する。

主な仕様

 ディスプレイは約5.8インチ、2280×1080ドット(FHD+)、アスペクト比19:9のTFT液晶。メインカメラは約1310万画素と約500万画素のデュアルカメラ。インカメラは約800万画素。

 チップセットは「SDM450」で、1.8GHz駆動のオクタコア。メモリー(RAM)は3GB、ストレージ(ROM)は32GB。外部メモリーは最大400GBのmicroSDXCカードがサポートされる。

 通信速度は下り最大112.5Mbps、上り最大37.5Mbps。Bluetooth 4.2、おサイフケータイをサポートする。無線LANはIEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)。防水はIPX5、IPX8、防塵はIP6X。OSはAndroid 9。

 バッテリー容量は2880mAh。連続待受時間はFDD-LTEで約580時間、W-CDMAで約650時間、GSMで約600時間。連続通話時間はFDD-LTEで約1560分、W-CDMAで約1690分、GSMで約910分。

 大きさは約72×149×8.7mm、重さは約165g(どちらも暫定値)。ボディカラーはブルー、ホワイト、ブラック。

SoftBankオンラインショップ
最新モデルの情報をチェック