ニュース

NTT東日本監修、手のひらサイズの公衆電話フィギュア

 タカラトミーアーツは、「NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション」を11月中旬に発売する。カプセル自販機で販売され、価格は1回300円(税込)。

 「NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション」は、手のひらサイズのリアルな公衆電話フィギュア。NTT東日本の監修・制作協力のもと、実在の公衆電話機を忠実に再現する。

 携帯電話の普及により利用機会が減少する中、災害時などの通信手段として再注目される公衆電話。今回登場する商品は、公衆電話の使い方や認知向上に向けた共同プロジェクトと位置付けられている。

 約44~53mmの小さなフィギュアでありながら、受話器の取り外しはもちろん、受話器をかけるフックが上下したり、コイン返却口が開閉したりと、電話をかける動きを体験できるギミックを備える。

 フィギュア化される公衆電話機は全6種類。2016年登場のデジタル公衆電話機「MC-D8」、1996年に登場した灰色の「DMC-7」、2019年現在も設置台数が多い機種だというアナログの「MC-3P」(1986)といった定番機種のほか、通称“赤電話”の「新形赤電話機」(1971年)、2つの受話器を備えた「デュエットホン」(1996年)、「金色の公衆電話機」(1993年)がラインアップされる。

MC-3P(アナログ公衆電話機)
DMC-7(デジタル公衆電話機)
MC-D8(デジタル公衆電話機)
新形赤電話機
デュエットホン
金色の公衆電話機