ニュース

見やすい画面と通話もしやすい「arrows ケータイ F-03L」、7月上旬発売

 NTTドコモは、富士通製のAndroidフィーチャーフォン「arrows ケータイ F-03L」を2019年夏モデルとして取り扱う。7月上旬に発売予定で、一括価格は3万1104円(税込)。

「arrows ケータイ F-03L」

画面を見やすく

 標準サイズと比較して約1.8倍の大きな文字表示に対応し、画面の輝度を上げる「最大輝度モード」を搭載することで屋外でも文字が見やすくなった。

高音質で聞きやすい

 VoLTE通話時のコーデックは高音質な「EVS-WB」に対応するほか、相手の声が聞き取りやすくなる「はっきりボイス」を搭載している。

 会話のすべてを自動で録音する「自動通話メモ」機能が用意され、録音音声は再生スピードを切り替えて再生することが可能。

ケータイとしての使いやすさは変わらず

 ヒンジ部分にワンプッシュオープン機構を備える。テンキー下部にはショートカット用ボタンが3個用意され、単押し・長押しの組み合わせで最大6機能を割り当てることが可能。

 IP68の防水・防塵のほか、MIL規格14項目に準拠する。

主な仕様

シルバー
ブラック
レッド

 ディスプレイは約3.4インチ、854×480ピクセル(FWVGA)。サブディスプレイは約0.8インチ。アウトカメラは約810万画素。最大32GBのmicroSDHCカードに対応する。

 バッテリー容量は1680mAh。通信速度は下り最大112.5Mbps、上り最大37.5Mbps。充電端子はmicroUSB。大きさは約147×70×8.9mm。重さは約145g。

 無線LANはIEEE 802.11b/g/n、Bluetooth 4.2、赤外線通信をサポート。IP68の防水・防塵・MIL規格14項目に準拠する。おサイフケータイ、ワンセグに対応する。「LINE」「+メッセージ」には非対応となる。カラーはシルバー、ブラック、レッドの3色。