ニュース

世界最大のモバイル業界展示会「MWC2017」会場にPokémon Goのスポット

 2月27日~3月2日にかけて、スペイン・バルセロナで開催される展示会「Mobile World Congress 2017」(MWC2017)の会場に、グローバルでブレイクしたスマートフォンゲーム「Pokémon GO」のスポットが登場する。

 GSMAによれば、バルセロナのMWC会場周辺の13カ所にPokémon GOのスポットが登場するとのこと。

今週末からは、新たにジョウト地方のポケモンが追加される

 モバイル業界のキーパーソンや、さまざまな企業が出展するMWCは、今後のトレンドを指し示す重要なイベントだ。今年の基調講演には、仏OrangeのCEOやスペインなどで展開するTelofonicaのCEO、あるいは米国政府機関の連坊通信委員会(FCC)委員長へ新たに就任したアジ・パイ氏といった通信業界の重要人物のほか、日本からもソフトバンクグループの孫正義代表取締役社長やLINE CEOの出澤剛氏ら、業界のリーダーが登場する。「Pokémon GO」を提供する米ナイアンティックCEOのジョン・ハンケ氏も今回、基調講演を行う1人だ。

 Pokémon GOのスポットは通常、街中にあるアートや公園、歴史的な場所が登録されているが、国際的なイベントとの連携は今回が初めてではない。2017年1月、スイスで開催されたいわゆるダボス会議でも、イベントと連携する形で、Pokémon GOのスポットが登場。その際には会場周辺の建物ではなく、ダボス会議で策定された「持続可能な開発目標」がポケストップとして配置された。