KDDI側の狙いは、コミュニケーションやサービスの活性化にある

KDDI側の狙いは、コミュニケーションやサービスの活性化にある