左は最新型THETA Z1で撮ったままのJPEG画像で、右はそのJPEG画像を大胆にレタッチしたもの。ここまでハデに調整しても画質的に破綻しないので、THETA Z1のJPEG画像はレタッチ耐性が高いなあと思う筆者です。なお、THETA Z1はRAWファイルも保存でき、そのRAWファイルを現像すればさらに良好で情報量の多い写真となります。

左は最新型THETA Z1で撮ったままのJPEG画像で、右はそのJPEG画像を大胆にレタッチしたもの。ここまでハデに調整しても画質的に破綻しないので、THETA Z1のJPEG画像はレタッチ耐性が高いなあと思う筆者です。なお、THETA Z1はRAWファイルも保存でき、そのRAWファイルを現像すればさらに良好で情報量の多い写真となります。