耳の3点で支える「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用しているそうです。イヤーピースと本体の間の少し太い部分は、摩擦が大きめのハイフリクション・ラバー・サーフェスを採用。これにより外れにくくなっているそうです。実際、筆者の場合はWF-1000XM3を装着した状態で顔を強く振るなどしても、ヘッドホンが外れる気がしません。

耳の3点で支える「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用しているそうです。イヤーピースと本体の間の少し太い部分は、摩擦が大きめのハイフリクション・ラバー・サーフェスを採用。これにより外れにくくなっているそうです。実際、筆者の場合はWF-1000XM3を装着した状態で顔を強く振るなどしても、ヘッドホンが外れる気がしません。